草津市で家を売るときに知っておきたいコツ

不動産1

草津市にある家を売りたいと考え始めたけれど、どうしたら良いのかわからないという人もいるでしょう。家を売るときの流れは簡単に調べることができますが、どんな点を押さえておく必要があるのかがわからずに悩むことは珍しくありません。

草津市で家を売ろうと考えた際に知っておきたいコツを紹介するので有効活用して下さい。

関連:家を売る際に損しないために押さえておきたいこと

草津市では家の需要が高い

不動産19

どの地域で家を売るときにもどのくらい需要があるのかを把握しておくことは肝心です。需要があまりない地域で家を売りに出しても買い手がつかないリスクが高く、価格を大幅に下げてもなかなか売れずに困ることになりがちだからです。

草津市においては全体的な傾向として家の需要が高めになっています。ただ、売りに出したら必ずすぐに買い手が出てくるような大都市部とは異なるので、ある程度の販売期間が必要になるのが一般的です。売るタイミングとして需要が特に高まる年度終わりの2月から3月の時期や、夏のボーナスが出る7月から8月頃を狙うのが効果的でしょう。

草津市で家の需要が高いのはこの周辺地域の中でも比較的反映している市で、公共交通網も発達していることから周辺都市に出やすいというメリットがあるからです。周辺地域からの流入もあって人口も減少していない状況があります。

さらに、観光地としても人気があることから別荘を草津市で手に入れようという人もいるため、家を買おうという人が見つかりやすくなっているのが現状です。そのため、買い手が見つかりそうな仕様や築年数の家であれば適正価格で販売することによって買い手が見つかるでしょう。

売るときには相場を確認しておこう

このような草津市の状況を踏まえて家を売りに出そうと考えたら不動産業者に相談することになります。ただ、その前に済ませておきたい準備として相場の確認が挙げられます。流れとしては不動産業者に相談すると家の査定を受けて、査定価格を提示してもらうのが一般的です。

そして、その査定価格に基づいて販売価格を決定し、媒介契約を正式に締結して販売活動をしてもらうことになります。このときに査定価格が本当に適正なのかが大きな問題で、高すぎたら売れなくなるリスクが高く、安かったら損をしてしまうのは明らかでしょう。

その適正さを判断できるようになるためには相場を把握していることが重要なのです。家の相場の確認方法はいくつかありますが、代表的なのが現況を考慮せずに簡単に行える二つの方法です。一つ目は土地の価格と建物の価格を個々に計算して合算する方法で、それぞれについて一般的な計算方法が定められています。

土地の価格は相続税評価額を計算するときに使う路線価を使用するのが普通で、路線価は実勢価格の7割くらいになっているので簡単に計算可能です。建物については経年劣化だけを考える計算が最も簡単な方法として知られています。

減価償却が進められていった結果として建築当初よりどれだけ価値が下がっているかを計算するという仕組みになっているのが特徴です。

業者の選び方に関するコツ

相場がわかったら実際に不動産業者に販売活動をして欲しい伝えることになりますが、どの業者に相談すべきかが大きな課題になるでしょう。選び方のコツとして、簡易査定でどのくらい家の評価に長けているかを判断する方法が挙げられます。

やり方は簡単で、一括査定サービスを使用して多くの不動産業者にまとめて簡易査定を申し込みましょう。その結果の連絡を受けてどのくらいの査定価格になったかをリストにしていきます。その結果を一覧で見てみると相場に合っている業者もあれば、大きくかけ離れている業者もあるでしょう。

きちんと相場通りに計算できている業者をまずは候補にすれば安心です。相場よりも高い価格で査定してくれた業者の方が良いのではないかと思うかもしれません。確かにそうすれば高い価格で販売を始められるので高く売れる可能性もあります。

しかし、高い価格で販売してしまうと売れなくなるリスクが大きくなるのも確かで、草津市では売りに出せば必ず買い手が見つかるほど家の需要が高いわけではないので相場に基づいた販売価格の設定が重要です。そのため、適正価格を見積もることができる不動産会社に相談するのが安全策だと言えます。

状況によっては買取を検討しよう

不動産9

草津市では家の需要が高めではあるものの、売れない家もあるのは確かでいつまでも流通しているものが散見されます。結局は買いたいという人がいるかどうかが売れるか売れないかを決める大きな要素なので、状況によっては不動産会社に販売活動をしてもらうこと自体にあまり意味がないこともあります。

どう見ても買い手がつかないだろうと思われるような家になってしまっている場合には買取を検討するのが無難です。買取は不動産会社が直接買ってくれるのが特徴で、ほとんどの業者では空き家ですら買い取ってくれます。

価格は安くなってしまいがちですが、いつまでも売れずに苦労するよりは良い選択肢だと考えられるでしょう。

売るときにかかる費用も考慮しよう

家を売るときには費用もかかるということは念頭に置いておきましょう。特に家を売ったお金で何かをしたいと思っているときには気をつけなければならない点で、余計に発生した出費によって想定したほどの現金が手元に残らないこともあります。

不動産業者には仲介手数料を支払わなければならず、取引をするときには印紙税や登録免許税などがかかるのが一般的です。住んでいる家を売るときには引越し費用や家財道具の処分費用などもかかることが多く、売ったお金の10%くらいは出費になる傾向があります。

売れないときの対策も考えよう

家を売ろうとして優良な不動産業者を味方につけられたとしても、どうしても売れないという状況に陥ることもあります。その対策もあらかじめ考えておくのが大切で、大まかには二通りの考え方があります。一つ目はリフォームをして需要が高い仕様の家に作り替えたり、一般的に気に入られないような部分を補修したりする方法です。

特に古くて傷んでいる場所があるのであればリフォームした途端に売れるようになることもあるので検討してみましょう。二つ目は家を解体してしまって土地として売る方法です。解体費用がかかるものの、築年数が古いと建物があるだけで買ってくれなくなってしまうこともあるので土地にしてしまうのも合理的なやり方です。